日時:2018年1月21日(日) ・ 会場:加須市民体育館
 今年で18年目となる、加須市ボルダリング大会、通称『アローカップ』が今年も開催されました♪ ボルダリングという単語が全く知られていない頃からの大会ですが、最近は出場者が大幅に増え2クラスで100名近くも参加しています^^ もちろん、強い方もいらっしゃいますよ~☆
 それでは、午前中に開催されたジュニアクラス(中学生以下)のみになりますが、ご報告をいたします!
今回のジュニアクラス参加者は37名(うちロッククラフト川越は19名)でのコンペとなりました☆
当日のコンペ風景を開会式~表彰式までダイジェストでお伝えします 《写真は全てオオシマさぁ~ん♪》
 今回のアローカップ・ジュニアクラスのルール説明です。 課題数は24で、1課題ごとのトライの結果により得点がもらえます。また、少ないアテンプト(トライ回数)で完登すれば高得点となります(例:1撃20点・2撃15点など)。 さらに、完登しなくても手数が得点になります。そのため、オンサイトやフラッシングの能力と全ての課題をトライする体力が必要になるわけですね!!
 ベテランの子供たちは、事前にオブザベ(下見)をしているので、自分が完登できそうな課題を探して、スムーズに競技を進めているのに対し、ビギナーの子供たちはどの課題からトライすれば良いのかも判断できません。 まさに経験の差ですネ!このように、コンペは自分で考えるチカラ(自立心)を大きく成長さてくれます☆
コンペなので、順位として結果が出るわけですが
『その順位=自分のチカラ』では、無いことも理解して欲しいと思います。 コンペでは当日の体調や、課題のタイプ、ルールに大きく左右されますからネ。 順位は一応の目安として捉え、良くても悪くても今後につなげる事を意識して日々の練習に取り組みましょう!
このようなコンペは自分の成長を確認する為にも
継続的に参加して欲しいと思います♪
参加された選手・保護者の皆さんお疲れ様でした。そして、大会を主催された加須市山岳連盟の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m